唾液の力

口の中を潤す唾液にはすごい力があるのです。
まずは消化酵素。特にデンプンを分解するアミラーゼは唾液と膵液にしかありません。お米はよく噛んで口の中で唾液と混ぜ合わせておかないと分解されないのです。
そして重要なのが唾液の殺菌力と中和作用です。糖分を取ると口の中が酸性になります。この状態が続くと歯が溶けてむし歯ができます。それが唾液によって中和され、中性に戻っていきます。また唾液中のカルシウムによる再石灰化も起こります。
動物が傷を負うと傷口を舐めますね。唾液で殺菌しているのです。歯周病もむし歯も細菌感染症です。唾液で治るわけではありませんが、唾液の有無によって症状は大きく変わります。
加齢や薬品の副作用で唾液が減少してくるとむし歯や歯周病の悪化が見られます。放射線治療を受けられた方も唾液腺が破壊され、むし歯ができてきます。特に根っこのむし歯が目立ちます。
また口呼吸や口が開いている方も口が渇くため、むし歯や歯肉炎、歯周病の悪化が見られます。
また、唾液は潤滑剤でもあります。総入れ歯が口の中にくっついているのも唾液を介して吸盤の作用が生じているおかげですし、味覚も唾液があるから敏感に感じ取れるのです。
せっかく持っている唾液の力、しっかり活かしましょう。