知っていただきたいこと

  • HOME
  • 知っていただきたいこと

ご自身のお口の中の状態を理解しましょう

ご自身の口の中の状態を理解しましょう

これ差し歯だったの?これ入れ歯だったの?という患者様がいらっしゃいます。
ご自身のお口の中の状態をしっかり把握しておきましょう。ここにかぶせものがある、ここに欠損がある、ここに歯周ポケットがあるという風にご自身のお口の中でどこがトラブルを起こしやすい場所か把握しておくと、普段のお手入れや生活で何に気をつけないといけないかが分かります。

治療の中断は今よりも状況を悪化させる

治療の中断は今よりも状況を悪化させる

治療途中での中断はいろいろなトラブルを引き起こします。
削った状態での放置や噛み合わせの相手が失われた状態での放置は、歯の移動をきたし、余計に治療の手間がかかります。歯と歯の隙間が減ったり、隣り合う歯の高さにずれが生じるため、お手入れも難しくなります。感染もしやすく、むし歯や歯周病が進行してしまいます。勝手な中断はやめましょう。

一度治した歯は再治療の可能性が高い

一度治した歯は再治療の可能性が高い

天然の歯はエナメル質という硬く滑沢な組織で覆われています。治療して歯を削り、詰め物をするとエナメル質が失われると同時に、詰め物と歯の間に微小な隙間ができてしまいます。その隙間にバイ菌が残りむし歯の再発を繰り返すことになります。治した歯こそしっかり磨きましょう。メンテナンスも不可欠です。

疾患の多くは免疫力が治す

疾患の多くは生体が治す

お口の中の疾患の多くは患者様の免疫力で治すものです。われわれはそのお手伝いをしているにすぎません。残念ながらむし歯で失われた歯や歯周病で失われた骨は元に戻りませんが、環境を整えてあげれば、ある程度の修復機能は働きます。歯科医院任せではなく、患者様ご自身で治すために生活習慣や悪習癖を改めましょう。

ご自身でお手入れのできるお口の中の環境を作りましょう

ご自身でお手入れのできる口の中の環境を作りましょう

当院の治療のゴールのひとつが患者様ご自身でお手入れのできる環境を作ることです。歯並びが悪く歯磨きが難しい、かぶせものと歯の間に隙間がありバイ菌が残る、歯と歯の間が狭く歯間ブラシが通せないといった状態を改善します。患者様ご自身である程度のセルフケアができないと治療の繰り返しになります。歯磨きの技術はもちろんのこと、磨きやすいお口の中にしましょう。

時間を追って確認できる問題もある

時間を追って確認できる問題もある

歯は噛むという破壊行為に常にさらされています。また、お口の中に「ここで噛む」というカギになる歯が存在しています。どこにどれだけの負担がかかっているか、どこがどれだけ痛めつけられているかは、歯を機能させて経過を追ってはじめて確定できるものです。治療終了後からの時間経過によるトラブルを見極め、補強や対処をすることが必須だと思います。根っこの先の膿の袋なども治療の結果が現れるのには数ヶ月から数年必要です。だから定期検診は大切なのです。

ご予約・お問い合わせ

診療時間 日・祝
9:00~12:30
14:00~18:00

休診日:日曜日・祝日・水曜日
※祝日のある週の水曜日は診療しています。
※診療は完全予約制になります。