治療の進め方

  • HOME
  • 治療の進め方

主な治療の進め方

初診時 資料作り初診時 資料作り

初診時 資料作り

レントゲン撮影、模型作り、口腔内写真撮影などを行い、現在のお口の中の問題点をピックアップします。そしてなぜ今の状況になったのか、なにを解決しないといけないのかを考えます。

2回目以降 診断、治療開始2回目以降 診断、治療開始

2回目以降 診断、治療開始

作成した資料を基に現在の問題点、そうなった原因、これからどういう経過をたどっていくかを予測します。そして、トラブルを防ぐため、歯を保存するために必要な手立てを提示します。
当院では患者様が選択した治療方法に沿って治療を始めます。

主訴の解決

まず、患者様が来院された理由である不具合を改善します。

歯周病治療

歯を支える歯周組織を健康な状態に近づけていきます。歯磨きの練習もしていただきます。

歯根の治療

歯を支える根っこの状態を改善します。歯周病治療、歯根の治療はともに歯を支える「土台」の治療ですので、とても重要です。

噛み合わせの組み直し

マウスピースや仮の入れ歯、仮の歯などを用いて噛み合わせを整えていきます。矯正治療を行ったほうが良い場合もあります。

小矯正、歯周外科処置

それぞれの歯の状態をより良い状態にするため、歯の位置や環境を修正します。

再評価

これまで行ってきた治療の評価を行い、今後の治療方針やゴールをもう一度再確認します。

補綴処置

仮の歯を最終的な入れ歯やかぶせものなどに置き換え、噛み合わせを強固なものにします。

治療終了後 メンテナンス治療終了後 メンテナンス

治療終了後 メンテナンス

治療後のトラブルの対応や治療後の状態を保つために定期的に来院していただき、噛み合わせのチェックやクリーニングをします。

上記のような方針で行っているため、当院の治療は完治までに長期間かかります。また、当院は完全予約制です。お仕事の忙しい方、休みのない方、営業職などで休みが直前にならないと分からない方などは次の予約が取りにくいため来院間隔が延びてしまいます。一定期間以上の来院が途切れると、仮歯が壊れたり歯の移動が生じたり、トラブルの対応に追われることになります。そのため、治療が進まず、ますます治療期間が長くなりますので当院での治療には不向きです。

歯を守るために

ご自身の歯を残すために様々なオプションを考えましょう。

※保険治療では抜歯しないといけない歯も矯正や外科処置をすることで救えるケースがあります。

※インプラントや歯の移植を利用することで欠損部に歯をよみがえらせることが可能になり、欠損を大きくしないためにも有効です。

※入れ歯の違和感の原因は異物感と入れ歯が動くことです。動かないような強固な入れ歯にしましょう。

これらはほとんど保険外の治療になりますが、歯を残すことや欠損の拡大を防ぐためには効果的なオプションです。

ご予約・お問い合わせ

診療時間 日・祝
9:00~12:30
14:00~18:00

休診日:日曜日・祝日・水曜日
※祝日のある週の水曜日は診療しています。
※診療は完全予約制になります。